《DAIGOも台所》八宝菜ご紹介と感想|お肉と魚介類の旨味が効いてる

スポンサーリンク

2023年6月21日放送の「DAIGOも台所~きょうの献立何にする?~」

今日のテーマは「上手に使おう!きくらげ」

番組で紹介された《八宝菜》についてまとめました。

材料、作り方、普通の主婦が実際に作ってみた感想、勝手にアレンジもあったり・・・します。

くーちゃん

きくらげ初心者です!乾燥きくらげを戻したら大量になりました!どんどん食べられる料理お願いします!


戻し過ぎたら冷凍保存もできますが、食感が変わるので早く使い切るのなら
やっぱり中華料理!八宝菜です!

先生:中華料理担当
   辻調理師専門学校 川﨑元太先生

さな

今日のポイント
冷凍のシーフードミックスの上手な使い方がわかります!

スポンサーリンク
目次

八宝菜の作り方

《八宝菜》作ってみましょう!

くーちゃん

八宝菜にきくらげが入ると本格的ですね。

さな

八宝菜はご飯にのせて
中華どんぶりにしても美味しいですよ。

海水と同じ塩分3%の水につけて解凍することでシーフードの旨味が逃げにくいんです。
200mlの水に塩6g

★材料

2人

  • きくらげ(乾燥)・・・3g
  • キャベツ・・・150g
  • 豚バラ肉(薄切り)・・・150g
  • 玉ねぎ・・・100g
  • 人参・・・30g
  • しょうが(薄切り)・・・5g
  • シーフードミックス・・・100g
  • うずらの卵水煮・・・8個
  • 塩・・・適量
  • こしょう・・・適量
  • サラダ油・・・適量

【シーフードミックスの下味】
酒・・・小さじ1/2
片栗粉・・・小さじ1

【煮込み調味料】
スープ・・・500ml
オイスターソース・・・小さじ2
しょうゆ・・・大さじ1
こしょう・・・適量
水溶き片栗粉・・・大さじ2~3
ごま油・・・小さじ1

★作り方

きくらげにはクロきくらげ、ウラジロきくらげがあります。
今日の八宝菜に使うのは「クロきくらげ」
ウラジロきくらげは厚みが薄く、刻んで使うことが多いです。

STEP
きくらげはぬるま湯に30分以上つけて戻し、石づきを取り、大きいものは一口大にちぎる。
STEP
キャベツは2cm幅、7cm長さに切り、豚バラ肉は5cm幅に切って塩、こしょうをし、玉ねぎは2cm幅に切り、にんじんとしょうがは薄切りにする。
くーちゃん

八宝菜を作るときは白菜が必須だと思っていました!
キャベツでも大丈夫なんですね。

STEP
シーフードミックスは3%の塩水につけて解凍して水分を取り、下味の酒、片栗粉をまぶす。

海水と同じ塩分3%の水につけて解凍することでシーフードの旨味が逃げにくいんです。
200mlの水に塩6g

STEP
フライパンに油少量を熱して火を止め、③を加えて弱火で炒め取り出す。

野菜と一緒に炒めると縮んでしまうから先に炒めます!

STEP
④のフライパンで豚バラ肉を強火でさっと炒め、玉ねぎ、しょうがを加えて中火で炒め、強火にしてキャベツを炒め、煮込み調味料のスープ、オイスターソース、しょうゆ、こしょう、きくらげ、にんじんを加えて煮立ったら中火で3~4分煮る。


STEP
⑤に④、うずらの卵を加え、水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油を加えて仕上げ、器に盛る。

八宝菜の感想

絶対美味しい八宝菜、スープはウエイパーなどを使って作れば良いですね。

さな

八宝菜の基本の煮込み調味料の配合はしっかりメモして使います!

使える材料

国産ホクトの乾燥きくらげ50g

DAIGOも台所レシピ本

DAIGOも台所本 第5弾

レシピ本6月16日(金)発売

これからの季節に!
四川料理特集

ABCアーク
¥950 (2023/06/13 02:08時点 | Amazon調べ)

現在は
番組1周年記念の6月号

特集は
本気の揚げもの

読み手:ABCテレビ, 読み手:辻調理師専門学校, 読み手:山本ゆり
¥962 (2023/06/13 02:08時点 | Amazon調べ)

見逃し配信

見逃し配信はTVerで

無料で見られる^^TVer公式サイトはコチラです

DAIGOも台所で気になるもの

調理家電

キッチングッズ

まとめ

2023年6月21日放送の

DAIGOも台所~きょうの献立何にする?~

番組で紹介された《八宝菜》についてまとめました。

きくらげなしでも ぜひ作ってみてください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

田舎で家庭菜園を楽しむ両親と暮らすさなと申します。
夫の闘病生活の中で無添加で自然な食材にこだわるようになりました。
こんなものまで自分で作るの?と言われるくらい手作りが大好きです。
安心できる食材や田舎ならではの手作り食材の情報を発信しています。

目次